• 水出しコーヒーの特徴
  • ウォータードリッパー
  • 美味しい抽出法
  • 皆様のお声
  • 珈琲についての豆知識
  • 珈琲豆の種類
  • ご注文について
コーヒー大好きの商品ラインアップ

珈琲大好きのご紹介|本格的コーヒードリッパーを利用する水出しコーヒーをこよなく愛し、好きが高じてついにはショップを運営するまでとなりました。

コーヒー豆本来の風味と香りを、ぜひ皆様に知っていただき楽しんでもらいたいと思い、本当のコーヒーとはどんなものかを、コーヒードリッパーを通じてご紹介しています。
「今まで飲んでいたコーヒーは何だったんだろう?」といった言葉もよく耳にするほど、本当に色が澄んでいて、まろやかな優しい味をご堪能いただけるのではないかと思います。

珈琲大好きでは、水出しコーヒー(珈琲)ウォータードリッパー器具のご紹介をしています。美味しい水出しコーヒーの作り方もぜひご覧ください。

珈琲豆の種類|珈琲を美味しくいただくために…|たくさんの焙煎方法がありますので、ご参考にどうぞ。

焙煎

ミディアムロースト/中煎り 適した淹れ方 アメリカンコーヒー
標準的な煎り方。酸味にまろやかな苦味が生まれ、口当たりの良い珈琲が楽しめます。
ハイロースト/中深煎り 適した淹れ方 レギュラーコーヒー
やや深い煎り方。酸味、苦味、甘味のバランスがよくとれた一般的なローストになります。
シティロースト/中深煎り 適した淹れ方 レギュラーコーヒー
やや深い煎り方。酸味より苦味のほうが強くなり、酸味、苦味のバランスのいいハイローストとともに一般的なローストです。
フレンチロースト/深煎り 適した淹れ方 エスプレッソ、ウインナーコーヒー、カフェオレなど
フランス人が好む深い煎り方です。外側に脂肪分出てくるようになり、ミルクやクリームに負けない強い味になります。
イタリアンロースト/最深煎り 適した淹れ方 アイスコーヒー
イタリア人が好む焙煎度合いの最も深い煎り方です。強い苦味と濃厚なコクが特徴です。

挽き方

極細挽き コーヒー粒の大きさは白砂糖位の粒。
エスプレッソ・イブリックで入れるターキッシュコーヒーなどに最適です。
細挽き コーヒー粒の大きさは白砂糖とグラニュー糖位の粒。
中細挽き コーヒー粒の大きさはグラニュー糖位の粒。
ペーパードリップ・コーヒーメーカー等、ご家庭で一番多く使われている器具等に最適です。
スーパーや小売店などで販売されているコーヒーはこの挽き方が一般的です。
ウォーター・ドリップ(水出し)コーヒーなどに最適です。
中挽き コーヒー粒の大きさはグラニュー糖とザラメ位の粒。
サイフォンや布ドリップなどの入れ方に最適です。
粗挽き コーヒーの粒の大きさはザラメ位の粒。
パーコレーターで入れるときなどに最適です。